iPadiPhoneiPodiPod Touchアクセサリ

スティック型エネループ

早速ですが。買いました。

SANYO eneloop USB出力付ハンディ電源(単3形2個セット) KBC-D1BS

 

やっぱり買ってみないと分からないことはたくさんありますね。

届いた物はこんな感じ。

 

 

実は、より新しいタイプのものもあるんです。KBC-D1DS

 

いろいろメーカーの仕様書を確認したのですが、違いはどうやら同梱されているエネループ電池が新型かどうかという点に絞られるようで、それなら数百円の価格差は別に意味のあるものではないなぁ、という結論に。買った時の価格差は600円もありましたのでね。

 

手に取ってみます。結構太い。当たり前です。単三電池を中に入れる以上、それよりも太くなるわけで、このサイズは当然ですな。

 

このサイズのメリットは、つまるところ、鞄の奥にすっと押し込める、というところにあるのでしょうね。

 

あと、スティック型の注意点ですが、素材は全体的に樹脂ですから、衝撃には弱そうだ、ということです。

金属にすると重くなるので、やむを得ないとは思いますが、この棒、落としやすそうだし、中に電池が入っている状態で落下した場合、割れちゃわないかという不安があります。

 

それだけは、買う前に知っておくべきかな。

あとはOK。エネループ電池はコンビニでも充電済みの物が売られているので、万が一のときにもこれさえあれば何とかなるという安心感は最強でしょう。

 

ありだと思います!

そうそう、エネループって、いろんな種類があるのを知ってます?

寿命は短いけど(通常商品が1,800回充電できるけど、これは500回)電池容量が2,400mAhと、1.25倍のProはこのブースターに最適。

 

管理人:人柱太郎

返信を残す

*

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.