iPadソフトウェア

[iPad] 操作性とノスタルジー Final Fantasy III for iPad

仕事の谷間に入った土日。すっかり時間を奪われてしまいました。

 

 

暫く前には、iPhone用のものも出ていたのですが、iPad版も追いかけて出てきたのですね。

 

 

Final Fantasy IIIそのものは、1990年に出たファミコン版が最初。しかし、今回iPadに組み込まれたのは、2006年にDS版としてリニューアルされたもの、ということです。

 

私はファミコン版をやっているものの、DS版は未了。というわけで、ちょっと楽しめそうではないですか。

 

考えてみたら、DS版って結構なお値段だったはずです。

 

 

うぉー。7300円???

それが、2000円で買えるんだから、安いんじゃないですか。あ、やり終わった後に転売できないから?

なるほど、そういうのはあるかもね。

 

 

しかしまぁ、オープニングも迫力満点です。

 

 

DSでやっていたら、それなりに「おお〜」とか思ったかもしれませんよ。でも、iPadでの画面なんです。迫力が違うわな。。。。

 

 

DSベースなので、iPadの解像度にあわせようとしたら、粗は目立ちます。でも、それも悪くないの。

なぜなら、

私たちがやっているのは、ゲームじゃなくて、懐古だから。

 

 

 

スクウェアさんもわかってるんです。それが。だから、記憶領域を3つしか用意せず、「スロット」とか言いよるわけです。

 

しかし、ゲーム専用機ではないiPadでそんなことをやりますと、とっても大変。

だって、やってる最中にメールが来たら、どうすんの。

そう。なので、このAppでは「ちゅうだん」という仕組みが用意されています。

中断。セーブじゃないけど、あとから、continueできるという優れものです。

セーブとの違いは、セーブが上書きしない限り、恒久的な保存であるのに対して、ちゅうだんは、1回限りの仮保存である、ということです。データをロードしてしまうと、消えちゃうんで、複数の人がゲームをしているときは要注意。

ちゅうだんデータがあるのに、「つぎ、わたしー」とか言って、自分のデータを呼び出すと、軽い殺意を抱かれる結果になるでしょう。

 

 

移動もよく考えてあります。パッドのどこでもいいので、タップするとコントローラーが出てきます。

これを上下左右に動かして、十字キー代わり。

 

Aキーのかわりは、会話ができそうなところで「?」という吹き出しがでるんで、画面のどこでもいいから、タップ。

 

RPGの楽しみは、隠れたお宝発見。Aキーを片端から押す、というワザはiPadでは面倒で使えないわけですが、どうするのでしょうか。

そう、ズームアクションをすると、お宝や隠しスイッチが光って見えるんです。

 

戦闘アクションも、なかなか緩い。

 

そうなんですね。

このゲームは、格段に難易度が下がっています。ファミコン版に比べて。

購入層は明らかに、ファミコン版をやった人たち。

つまり、わたしのような層。

 

そんな人たちは、ゲームに時間は割けません。

ただ、懐かしくてやっている。

その懐かしさをしっかり味わえるようにした上で、ゲームとしての娯楽性を失わせない。

 

やり込みたい人にはその道を用意する。

 

なんとも、プロフェッショナルなお仕事じゃないですか。

 

 

ゲームで時間を失うなんてことは、もう、ないものと思ってましたが、久しぶりに、ダメな一日を楽しみました。

まぁ、たまには良いでしょ。

 

 

うぉー。

管理人:人柱太郎

返信を残す

*

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.